FX 欧米の金利差

特に注目されるのは、「業況判断DI」と呼ばれるもので、これは日本の企業経営者に対してアンケート調査を行ない、現在の景況感、ならびに先行き6ヵ月間の景況感について、「よい」「さほどよくない」「悪い」の三択で回答してもらう。

前日の価格や、その前の日からのトレントなどをつかんで利益を狙います。4日足を利用、長期取引の場合(数週間~1年)数週間以上にわたって取引する場合は、目先の細かな値動きよりも長期間での傾向を見ることが重要。

ストキャスティクス ・・・「買われすぎ」「売られすぎ」を示す逆張り系指標。ボリンジャーバンド「上げすぎ」「下げすぎ」を示す逆張り系指標。一目均衡表 …「買い時」「売り時」を示す順張り系指標。

そうすると、円。ドルやユーロノドルなどの「クロスドル」を取引している市場参に加者は次のようなシナリオが頭に浮かびます。消費者物価指数の上昇②インフレ懸念が生じる↓こインフレを抑えるためにFRB(98P)が利上げを行うこ日米、欧米の金利差が拡大する↓ず市場参加者がスワップポイントの恩恵にあずかろうとして、ドル買い需要が増える喜ドルが上昇する。